1回で治るのはごく稀です

鍼灸を受けたいと思いはじめ、鍼灸院を探そうと思うとき、それはたいてい身体の不調を感じているときですよね。

そこで周りの知人や友達に、鍼灸院に行ったことがある人がいないか聴いて回ったり、ネットで検索してみたりと、様々な手段を駆使するかと思います。

そんなことをしていると、中には「鍼灸を受けたら腰痛が1回で治った!」というお話しや記事を、一つや二つは見聞きするかと思います。

そこで、自分の症状も1回で治るのではないかと思う方も多いようです。

しかし、結論から言いますと、鍼灸で1回で治るのはごく稀であります。

と、身も蓋もないかとを言ったと思われるかもしれませんが、でも、冷静に考えてみて下さい。

鍼灸はとても効果があるものですが、魔法ではありません。超能力でもありません。

もし“1回で治ります!”と断言している鍼灸院があったら、それはちょっと一歩引いて観た方がいいと思います。

 

 

1回や数回で治るものもある

とはいえ、“1回で治った!”という証言は嘘ではないこともあります。

それは、こんなケースです。

昨日や今日やってしまった、まだ日が浅い、軽めのぎっくり腰や寝違いなどは、1回から数回で治すことはできます。

鍼灸の効果とは、施術者の力量・技術だけで発揮されるものではありません。

鍼灸の効果は、施術者の力量・技術の他に、受鍼される方の体力(自己治癒力の強弱)と、症状の浅い深いとで決まってきます。

いくら鍼灸師の技術が優れていても、受鍼者の体力が下がっていて、自己治癒力が弱かったら治りは遅い(回数がかかります)です。

また、症状も深ければ深いほど治りは遅いものです。

例えば、昨日今日起こしてしまったぎっくり腰は、症状は激しくてもまだ浅いところで留まっていることが多いです。そして、昨日今日の不調であれば、体力はある方です。
このような状況であれば、腕のいい鍼灸師にかかれば“1回で治った!”と言うことがあり得るのです。

 

 

治療効果を決めるもの

ということで、「鍼灸を受けて1回で治るかどうか?」というお答えに対しては、「急性のもので、体力がまだあり、症状が軽めのものであれば、一回でも治ることがある」ということになります。

しかし、このような好条件が重なっていることは非常に稀なので、“鍼灸で1回で治る!”というのはかなり盛ったお話しと言うことになります。

まとめ

治療効果を決めるもの
鍼灸師の腕(技術・力量)
受鍼者の体力・自己回復力の有無
症状の深い・浅い
もし、“1回で治してほしい!”というご希望がある場合は、鍼灸師だけに期待するのではなく、自分の症状が重いものか浅いものか、自分の現時点での体力があるのかどうか、そのあたりをもう一度考えてみてください。