【8】衛生管理がいきとどいている鍼灸院

鍼灸院がきれいであること

鍼灸院に入ってわかる第一印象

このポイントもまた、「【7】鍼灸師・スタッフが健康であること」と同様に、実際に鍼灸院に行ってみないと分からないことですが、分別が難しいものではなく、その佇まいなど、入った瞬間にわかる印象のことです。

例えば玄関など、入口がきれいに掃除されているかなど。

院内で使われている履き物はきれいかどうかなど、自分の感覚で構わないので、そういった何気ないところに、衛生管理の気持ちのかけ方が現れます。

当然トイレはきれいであることは必須。

こういったところがふつうにきれいにされているところは、患者さんに使う道具などにも必然的に配慮がなされています。

 

院内が明るいこと

衛生管理がいきとどいている鍼灸院は、院内が明るく感じます。

もちろん、都内で鍼灸院を開業するとなると、必ずしも日当たりのいい場所を探すのはたいへんなことなので、単純な日光の明るさではありません。

ここでいう明るさとは、衛生管理がしっかりしていることによる明るさのことです。

こういった鍼灸院では、鍼灸師やスタッフも明るいことが多くなりますので、全体の印象が明るくなります。