鍼灸は超能力ではありません

鍼灸の効果は1回で分るものではない

鍼灸の効果に対して、とても期待している方は多いかと思います。

なんとなく「中国4000年の歴史」とか、「ツボには北斗の拳のようなすごい効果があるにちがいない」というイメージが先行していることもあるでしょうし、また、ぎっくり腰が1回で治ったとかいう話を聞いたことがあるかもしれません。

たしかに鍼灸にはまだまだ秘めた可能性が多くあり、実際に条件が整えば、ぎっくり腰でも1回で治ることもあります。

しかし、鍼灸は超能力ではありませんし、神秘的な世界のものではありません。

まるで魔法のような即効性があるというような過大な期待しない方がよく、確立された医療としての常識的な期待を持っていただくくらいがちょうどいいように思います。

 

 

どんな鍼灸院でも3回くらいは通ってみる

鍼灸に過大な期待を寄せている方は、せっかく鍼灸院の門を叩いてみても、一回行ってあまり効果が実感できないとそれで終わりという方も多くおります。

しかし、鍼灸の効果は薬と違ってじわじわ出てくることもありますし、何度か効果を積み重ねて効果がはっきりしてくることもあります。

また、患者さん自身では実感できないところで身体が変わっているということもあり、一回で鍼灸の効果を判断するのはたいへんもったいない場合もあります。

そして、患者さんがもっている症状が重ければ重いほど、そう簡単に身体が動くことはありませんし、体力が弱っているときは自己治癒力も弱っているため、数回の鍼灸で変化を起こすことは難しいものがあります。

このように、鍼灸の効果は症状や患者さんが持っている体力によっても左右されるので、一回二回の鍼灸で効果を即断するのではなく、最低でも3回以上は通ってみることをお薦めいたします。