鍼灸は効果なし?

 当サイトのタイトルは、『はじめての鍼灸』。
 つまり、鍼灸を始めて受鍼しようと思っている方に向けたサイトです。
 鍼灸の有効性や安全性、どんな鍼灸院を選んだらいいかといったガイドとして作っています。
 なので、どうしても身贔屓と言いますか、我田引水と申しますか、鍼灸に対してその価値があることをお伝えしているサイトですから、そういったトーンになってしまうことはお許しいただきたいです。また、逆に言えば、冷静なインターネットユーザーの方は、ひとまずは、ここは鍼灸推しであることをご理解いただき、内容は差し引いて考えてみてください。

鍼灸を受鍼してみたが・・・

 鍼灸を受鍼してみたが、あまり効果を感じなかったという方もいると思います。また、これから鍼灸を受けてみようかと思っている方にとって、効果があるかどうかというのはかなり気になるところだろうと思います。

鍼灸も、その歴史は2000年以上もあります。

もし本当に鍼灸が身体に効かないのなら、もうとっくの昔に葬り去られています。
しかし、どうしてこれほどまでに鍼灸院があるのでしょうか?

はい、それは効果があるからです。
効くんです。
だから、この歴史の流れにも生き残れるのです。

「鍼灸にリスクやデメリットはありますか?」

「鍼灸にリスクがありますか?」
「鍼灸は危険ですか?」
という質問を受けることがあります。

鍼灸師からすると、おいおいって感じです・・・。

もしそんなにリスクやデメリット、危険性があったら、そもそも鍼灸なんてこの世に存在できません。

たとえば、90%のリスクがあるものに信頼性があると思いますか?

ありませんよね。。

では、50%はどうでしょうか?
確率半分です。
成功か失敗か運まかせみたいな確率に、あなたは身を委ねますか?

委ねませんよね?

では、どのくらいなら信頼できますか?

80%で及第点。

90%以上なら安心圏内ですよね。

仮にここで、もし、いや、鍼灸の安全性は100%ですといったら、それはそれで嘘になりますからいいません。

なぜかというと、人間のやることに100%はないからです。

人間は神様ではありませんので、100%の安全などは存在しません。

もし、ここで100%安全ですと言い切ってしまうと、それは私は神ですといっているのと同然ですから、それはいいません。そこまで言うと、宗教になりますから。

ただ、ほとんどの鍼灸師はしっかり勉強しており、しっかりとそのおしえを守っておりますから、そうそう大きなミスはしません。限りなく、100%に近い

コメントする