鍼の太さについて

実際の太さ

鍼灸の施術で使われる鍼の太さは、以下のようになっています。

現在は、0番~2番くらいのものを使う鍼灸師が多いようです。

0番鍼 0.1ミリ
02番鍼 0.12ミリ
01番鍼 0.14ミリ
1番鍼 0.16ミリ
2番鍼 0.18ミリ
3番鍼 0.20ミリ
4番鍼 0.22ミリ
5番鍼 0.24ミリ
6番鍼 0.26ミリ
7番鍼 0.28ミリ
8番鍼 0.30ミリ
9番鍼 0.32ミリ
10番鍼 0.34ミリ

鍼と他のものを比較する

髪の毛と比較する

日本人の髪の毛の太さが、平均0.08ミリと言われております。
剛毛と呼ばれる太目の髪の毛で0.15ミリだそうです。

注射器と比較する

注射器の針は、一番細い部類のもので0.3ミリだそうです。
日本の岡野工業株式会社が開発し、テルモが発売しているナノパスニードルというものがあり、これは0.18ミリだそうです。
注射器の針も、だいぶ細いものが出てきているようですね。

シャープペンシルの芯と比較する

一般的に使われるシャープペンシルの芯は0.5ミリ。
鍼灸の鍼で細い部類のものは、その3分の1以下ということになります。